怪しい案件の副業

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の理論上100%損をしない投資情報は怪しい?小島一峰って誰?

こんにちは。 ブログ管理人のひなたです。

今後、1つの仕事の収入では足りない、1人が複数の仕事をする

「大副業時代」

に変わっていきます。

日本の企業でも5社のうち1社が副業を認める、

世界のグローバル化に伴い変化をしています。

これから何かを始める方にとっては

正しく物事を見る力を持つことは大切である

と思っているので、少しでも皆さんの参考になればと調査しています。

今回は、

副業をしたい!もしくは、既に副業を始めているあなたと

小島一峰のIBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報

について見ていきたいと思います。

秋葉原で説明会のオファーが開始したみたいです。
どんな内容になっているのか、調査をしてみたいと思います。

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報 特商法

特商法は、インターネットで販売をする者にとって、必ず必要なモノになります。

事業者による違法や、悪質な勧誘などから、消費者の利益を守るための法律のなります。
消費者トラブルを生じやすい取引類を対象に、

事業者が守るべきルールと
クーリング・オフ等の消費者を守るルールを定めています。

特商法が記載されていなければ、消費者に対して、何の約束もなく、
法律に即した行動のしない企業
ということになります。

最初に確認していきたい最初のポイントになります。

特商法なし

なぜないのか?
これには理由があります。

記事を読んでいってもらうとわかってくると思いますが、

この商品の性質上、特商法が必要ない商品になります。

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報とは?

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報のコンセプト

・運用利回りが月利10%以上
・運用元が信頼できる
・運用リスクが低い
・投資額が少額
・投資で成功した人物が投資している

投資で失敗する人ほど大きな利益が出る案件を好み、
投資で成功する人は堅実で安定している案件を好む、

というそれぞれの共通点があることから、
小島一峰やその周りの投資家は

コンセプトで取り上げたことが

一つでも当てはまらない
投資案件には手を出していないそうです。

この投資案件の実績として
2019年の実績を上げていますが、
月利10%どころか、月間の成績が出ている4月~11月の期間、
15%を下回っている月がないのがわかります。

しかも、
この投資の運用会社TLCは、
マレーシアの第5代首相の弟が会長を務める
IBHという投資銀行の完全子会社で、
IBHはANAやBURGERKINGなどの大企業が取引先となっている為、
運用元への信頼は堅実なので、とても安心できますね。

あと、
このトレードシステムの構築・運営・管理には、

18人の投資家、
5人の数学者、
12人の外国為替アナリスト、
8人の金融プログラマー、
6人のリスク管理専門家
という総勢49人の世界トップクラスの専門家が関わっているということ、

メイン取引口座と保険口座に分けて両建てすることにより
メイン取引で損失がでた場合でも
保険口座で補う

だから理論上100%損をしないという訳ですね。

ここまで聞いただけで、とてつもない案件なのではないのか?
絶対稼げそう!!
と思ってしまうかたも多いのではないでしょうか??

飛びつくのは待って、
まだみていきましょう!

この案件は1口1,500ドルから投資することが可能だそうです。

日本円(1ドル110円計算)にして165,000円と、
FXをやる資金としては少ないほうになりますね。

少額にすることで、
IBH側は投資家を集めて取引手数料で稼げるという感じではないでしょうか?

成功の一番の近道は
成功している人の真似をするのがいいと、
昔から言われていますが、
投資で成功した人たちが「神案件」と呼んで投資しているのがこの案件みたいです!

しかし、
投資案件の説明会では
他の有料商品の売込も一切ないということなのですが、

小島一峰にとって
何のメリットがあるのでしょうか?
なぜ、時間と労力を使って、説明会を開催するのでしょうか?

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報の稼ぎ方の仕組み

“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の理論上100%損をしない投資情報
を調べてみると、

TLC投資信託についてのページを見つけました。

ビジネスモデルは投資信託となります。

詳しくこの投資の特徴についてみていきたいと思います。

この投資の特徴

メイン口座と保険口座で両建てするというものですが、

1口当たり

1,500ドルのうち1,000ドルをメインの口座に、
残り500ドルと銀行側から無償で貸付される500ドルを合わせた1,000ドルを
保険口座にて両建て運用。

メイン口座で利益が出る場合は
3%ほど保険口座の損失より多くなるように運用すること

それの繰り返しで利益を積み重ねるというもののようです。

逆に
メイン口座が損失を被った場合は・・・

保険口座から補填するみたいですね。

かなり混乱してしまいますね。数字が苦手な方は耳を塞ぎたくなるのではないでしょうか?

できる限りわかりやすく書いてみましょう!!

【メイン口座が利益の場合】

メイン口座:利益+33%
保険口座:損失−30%

メイン口座の利益の30%を保険口座に補填し、
残りの3%の利益を獲得する

【メイン口座が損失の場合】
メイン口座の損失:−30%、
保険口座の利益:+30%

保険口座から30%の損失分を補填して補う

そういう形で月に8~15回の取引を行い
利益を積み重ねることが出来る為、
安定して月利10%以上を叩き出せる仕組みになっているみたいです。

さらに、万が一、
保険口座の利益よりもメイン口座の損失が大きくなってしまった場合。。。
どうなってしまうのか不安でしたが、

銀行が損失分を負担してくれる保険付き!!

というすごい特典が付いています。

いいことだらけですが、
デメリットはあるのでしょうか??

どんないいビジネスも、メリットしかないということはありません。
このデメリットよりも、メリットが大きければいいだけの話です。

デメリットはあるのか?

まず一番大きいデメリットと言えば

入出金がUSDT(テザー)という暗号通貨での取り扱いになるということです。

USDT(テザー)は
USドルの価格と同じになるよう常に価格操作が行われていてます。

暗号通貨の相場が荒れていても、
干渉されずにUSドルに追従するという特徴を持つものになりますが、

日本では扱いが殆ど無いので、外国の取引所の口座を持つ必要が出てきます。

日本円に替える場合は、手数料が何重にもかかることになってきてしまいます。

2つ目は、

2年契約がある為、
2年以内にメイン口座から出金すると
保険口座の入金分が没収されるというものです。

つまり、1,000ドル分しか引き落とせないということです。

3つ目は、

利益に関してはいつでも出金可能なのですが、200ドル以上から出金できるということです。

利益が200ドル(約22,000円)を超えるまでは利益を出金することが出来ないということになります。
手数料などを考えると、最低3ヶ月は出金できないように思えます。

大きなデメリットというのはないのですが、
資金に余裕がある方でないと、運用することが容易にできる気がしませんね。

私の率直な意見として、
メイン口座が損失だった場合に
保険口座で3%利益が出るようになぜしないのが??
その点が不思議で疑問が出てきてしまいます。

それを銀行側の利益とすることも可能なのだと思いますが、
それをしない理由よくわかりませんね。

小島一峰が説明会を開く理由(メリット)

小島一峰さんはなぜ説明会を開催するのでしょうか??
慈善事業なのか?実はメリットがあるのか?
調べいていきたいと思います。

このTLCには、紹介ボーナスというものが存在します。

形的にはMLMの報酬形態のような仕組みが取られています。

MLMとはネットワークビジネスになります。
自分の傘下に入ると報酬が増える仕組みですね。
ですので、TLCの詳細を説明会まで引っ張り、参加者を傘下にするというのが目的なのではないのか?と思います。

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報の評価と評判

“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の理論上100%損をしない投資情報についての評判や評価、口コミを調べてみましたが、

英語表記のページが多く、
これといった口コミや評判などは見つけられませんでした。

IBHの子会社“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の100%損をしない投資情報の検証のまとめ

私なりのまとめになりますが、
小島一峰の“TCL”Throne Legacy Capital(スローン・レガシィ・キャピタル)の理論上100%損をしない投資情報はおすすめしません。

理由は
入出金は暗号通貨のUSDT(テザー)で行うこと
小島一峰の傘下に入れるのが目的
理論上は3ヶ月以内に利益を出金できない
からです。

とてもいいような案件に思えますが、

実体験の口コミも評価も存在しないというところが、決定打に欠けると思います。
お金に余裕がない方は、出金しづらいということを考えて、
違う案件を検討した方がいいと思います。

もし、余剰資金で投資可能なのであれば、
自己責任で参加するのもいいかもしれませんが、

わざわざ説明会に行く必要性は無いかなと思います。

最後に私がオススメしている副業を紹介します。
少しでも参考になれば幸いです。

私も実践している、おすすめの副業はこちら!

世の中には色んな副業がありますが、
私がやっている副業の中で一番おすすめ
なのは、FXの自動売買ツールです!

副業をしたいと思っているけど、
『本業が忙しくて時間がない!』
という方がとても多いです。

これからは会社の給料だけでは、
生活が苦しくなってくる時代に
突入します!

参加費用も『無料』『期間限定』
提供していますので、興味がある方は
参考にしてください!

①[月利30%]のFX自動売買ツールが完全無料!

②運営側がツールの設定まで無料でサポート!

③運用資金のみで参加可能!

 

無料FX自動売買ツールのリアル実績はこちら
に載せていますので、参考にしてください。

参加方法もこちらに書いていますので、
下のブログを見てください!

↓     ↓     ↓

⇒[先着30名限定募集!]毎月5万円を安定して稼ぐ!FX自動売買ツールの参加方法はこちら!!

 

『LINE@の友だち追加はこちら!』

友だち追加